ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:Activity report

(日本語) 「グローバル・フェスタ2013」に出展いたしました!

①


②

(日本語) 第19回MPJ研究会のご報告 「アフリカ開発の現状と展望」(ジェトロ・アジア経済研究所共催)

第19回MPJ研究会②8月30日、ジェトロ・アジア経済研究所とMPJとの共催で特別講演会を開催しました。アフリカに関して博識な平野克己先生の話を聞こうと、平日夕方の開催にもかかわらず、学生、社会人合わせて21名の方が千葉のアジア経済研究所まで足を運んでくださいました。

今回は、平野先生のご著書「経済大陸アフリカ」を出席者の方にあらかじめ読んできていただいたので、ご著書の内容のポイントの概説に加え、ご本を書かれた後(13年1月刊行)先生が考えていらっしゃること、私たちが何を考えなければいけないかを中心にご講演いただき、その後、質疑応答の時間に移りました。
質問は、学生からの学問に関するものや企業で働く方のビジネスに関するものまで様々でした。例えば、アフリカの人々は日本に援助を求めているのかという往々にして問われる質問に対し、援助ではなく投資が必要とされており、中でも農業分野の開発が急がれていて世界全体の食糧生産の減少傾向から考えても安全保障上重要であると述べられていました。他にも、中国が行うアフリカ開発の評価と日本に対する評価との比較や、拠出額が減少している日本のODAでは今後どのような支援を行うべきかといった質問や、農業や医療、地域経済統合、アフリカメディアの現状などなど分野を問わず飛び交う質問に、先生は的確にわかりやすくご回答され、さらには参考文献の紹介やビジネスへのアドバイスなどフォローアップもされていました。終了時間を大幅に過ぎるほど白熱した議論が繰り広げられ、大変勉強になりました。
第19回MPJ研究会①第19回MPJ研究会報告書(PDF)はこちらからご覧いただけます。
第19回MPJ研究会報告書
なお、ジェトロ・アジア経済研究所のホームページでは、講演部分の映像が公開されています。平野先生の熱のこもったご講演を是非ご覧ください。http://www.ide.go.jp/Japanese/Dogachannel/201308_hirano.html

(日本語) ウガンダ・ルヒーラ村を視察しました!

Sorry, this entry is only available in 日本語.

日本経済研究センター設立50周年記念国際セミナーのご報告

日経セミナー サックス氏②resized
去る6月4日14時~16時、日経ホールにて日本経済研究センター設立50周年記念国際セミナー(日本経済新聞社、認定NPO法人ミレニアム・プロミス・ジャパン後援)が行われました。
「持続可能な開発と企業の役割」と題したこのセミナーは、ジェフリー・サックス教授をはじめ木下雅之氏(三井物産代表取締役専務執行役員)、澤田康幸氏(東京大学大学院経済学研究科教授)、モデレーターに岩田一政氏(日本経済研究センター理事長)にご登壇いただき、企業と各国政府や国際機関、NPOとの連携の在り方や重要性について白熱した議論が行われました。会場はほぼ満席でみなさん真剣に話を聞き入っていました
日経セミナー サックス氏と登壇者resized 日本経済研究センター設立50周年記念セミナーという記念行事に連携させていただき、光栄に存じます。
以下シンポジウムの詳細ページになります。当日の映像も配信されていますので興味がございましたら是非ご覧ください。

http://channel.nikkei.co.jp/business/jizoku1364/4299/

TICADV②-本会議場にMPJブースを展示しました!

TICADV ブース写真resized 6月1日~3日までパシフィコ横浜のTICADV会場では、アフリカ各国とマルチあるいは二国間で会議が進められている中、同会場5階のエスカレータ脇に、MPJ展示ブースを設けていただきました。アフリカ諸国や国際機関のVIPが勢ぞろいするため、施設内の警備は厳重で写真撮影も関連ブース周辺以外では禁止されていました。会議場にかなり近い場所にブースがあるため、出入りするアフリカ各国の大統領や潘 基文(パン・ギムン)国連事務総長などを間近でお見かけすることもしばしばありました。
 会議場内では安倍総理やアフリカ各国の大統領や政府・国連関係の重鎮が議論していると同時に、参加者たちは私たちの活動に興味があるのか、積極的に声をかけて下さる関係者も後を絶ちませんでした。ちなみに、MPJはインターン(写真)の努力もあり、他の団体よりパネルやビーズアクセサリーを多く展示したため、人目を引くブースとなりました。