ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:研究会

(日本語) 【ご案内】第20回MPJ研究会(駐日ブルキナファソ大使ご講演)のご案内

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) 【ご案内】第19回MPJ研究会(ジェトロ・アジア経済研究所共催)

Sorry, this entry is only available in 日本語.

【ご案内】第16回MPJ研究会「ウガンダにおける点滴灌漑事業」

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、来る9月13日(木)に第16回研究会を開催致します。今回は、FAO、JICA等の専門家として長年アフリカ(ケニア、ソマリア、エチオピア、エリトリア、チュニジア、マリなど)を中心に活躍をされている江藤誠一氏を講師にお迎えします。テーマは「ウガンダにおける点滴灌漑事業」です。皆様のご参加をお待ちしております。

 

◇日時 :9月13日(木)午後2時00分~3時30分

◇会場 :日本財団ビル2F 第4会議室

東京都港区赤坂1丁目2番2号

※会場地図はコチラをご覧ください。

(会場 電話 03-6229-5558 東京ビー・エム・シー)

◇講師:特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパン 技術顧問 江藤誠一氏

◇講演内容:「ウガンダにおける点滴灌漑事業」

ウガンダにおける試験的点滴灌漑事業の立ち上げに関しお話を頂きます。

◇会費:MPJ会員無料、 一般 1000円  学生 500円

◇定員:12名(会員優先・先着順)

◇お申込み:9月10日(月)17時までに、お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、メールにてMPJ事務局までお申し込み下さい。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

メール MPJapan@drive.ocn.ne.jp

※お問合せは、上記E-mail、または電話03-5842-2801までお願い致します。

なお、お申込み後のご欠席は、事務局へご一報下さいますようお願い致します。

 

◇講師プロフィール:江藤誠一氏

特定非営利活動法人 ミレニアム・プロミス・ジャパン 技術顧問。

1966年に青年海外協力隊としてケニアに派遣されて以来、一貫して途上国援助事業の最前線の現場を歩む。協力隊派遣後は、1972年からソマリアの水産加工専門家としてFAOに勤務。1995年に日本人で初めてFAOのセン賞(注)授与。6年にわたるソマリア勤務の後は、スリランカ、バングラデシュ、エチオピア、そしてローマ本部での勤務を経験。1993年、正式にエチオピアから分離独立したエリトリアで沿岸漁業開発プロジェクトが始まることになり、その年の1月にエリトリアに赴任。1998年にエリトリアを去り、その後チュニジアにおいてJICAの水産学校再建プロジェクトに従事。2003年4月から6年間にわたって地域協力国際機関SEAFDEC(東南アジア漁業開発センター)に勤務。2009年4月にSEAFDECを退職後、現在に至るまでFAO, JICA、日本財団のコンサルタントとしてスリランカ、カンボジア、インドネシア、コモロ諸島に派遣され、また2011年10月からJICA専門家として2012年3月のクーデターで撤退するまでマリに滞在する。また、2010年からミレニアム・プロミス・ジャパンの技術顧問としてウガンダ、ケニアを中心に活動している。
(注)元FAO事務局長B.R.セン氏の功績を記念して1967年のFAO総会で決定された、現場での技術協力に貢献したFAOフィールド担当者に贈られる賞。

 

【ご案内】第16回MPJ研究会「ビーズアクセサリー生産を通した女性の貧困削減-ミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村の事業を例に-」

下記の研究会は講師のご都合により、急きょ今秋以降へ延期となりました。申し訳ございません!新しい日程が決まりましたら、改めてお知らせいたします。

 

ミレニアム・プロミス・ジャパンでは、7月20日(金)に第16回研究会を開催致します。
今回は、JICAの青年海外協力隊事業を通して、ウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村でビーズアクセサリーグループの運営・マーケティングに携わった関口聖子氏を講師にお迎えします。
テーマは「ビーズアクセサリー生産を通した女性の貧困削減-ミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村の事業を例に-」です。
講演後、参加者の皆様と簡単なビーズアクセサリーを作るワークショップも行います。
皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

◇日 時:7月20日(金)18 時30分~20時30分
◇会 場:日本財団ビル2F 第8会議室
東京都港区赤坂1丁目2番2号
※会場地図はコチラをご覧ください。
(会場 電話 03-6229-5558 東京ビー・エム・シー)

◇講 師:JICA青年海外協力隊 元隊員 関口 聖子氏
◇講演内容:「ビーズアクセサリー生産を通した女性の貧困削減-ミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村の事業を例に-」

18:30 ~19:30  ルヒーラ村におけるビーズアクセサリー事業の紹介・質疑応答(1時間)

19:30~20:30 皆様にビーズアクセサリー作りを体験していただくワークショップ(1時間)

 

◇会費(アクセサリー材料費含む):MPJ会員500円、 一般 1500円  学生 1000円
◇定 員:15名(会員優先・先着順)

 

◇お申込み:7月17日(火)17:00時までに、お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、
メールにてMPJ事務局までお申し込み下さい。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
メール mpjapan@drive.ocn.ne.jp
※お問合せは、上記E-mail、または電話03-5842-2801までお願い致します。
なお、お申込み後のご欠席は、事務局へご一報下さいますようお願い致します。

 

 

● 講師プロフィール:関口聖子氏
民間企業で知財・契約業務として6年間勤めた後、2010年6月からJICA青年海外協力隊事業に参加。
最初にブルキナファソでシアバターを作製する女性グループに所属し、商品開発・マーケティングを担当。 10ヶ月目に国の情勢が悪化し日本へ緊急退避となった。
その後、振替派遣としてウガンダのミレニアムビレッジプロジェクトに派遣され、10カ月間ビーズアクセサリー ・グループにて運営・マーケティングを担当。今年の6月にウガンダから帰国。

研究会報告!チョコを選べば世界が変わる!

ミレニアム・プロミス・ジャパン第15回研究会のレポートが出来上がりました!

去る4月27日、「人と環境にやさしいガーナのチョコレート事業」を実施しているチョコレボ・インターナショナル代表理事の星野智子氏を講師に迎え、「チョコを選べば、世界が変わる」というテーマでお話を伺いました。星野氏は「普通の主婦だった]とご自身がおっしゃっていますが、2001年にイギリスのテレビで児童労働のことを知り、大好きなチョコが子供たちを虐待していることに憤慨され、「世界を変えよう!」と奮起されて、ガーナでオーガニックの素材を使った環境も考慮したチョコレートを作るようになりました。

今では、彼女のチョコレートはバレンタインディに高級デパートでも販売されるようになり、中学校の教科書(東京書籍)の付属DVDではその活動が紹介されています。星野氏の熱意とエネルギー、そしてご苦労を実感する一時間半でした。

報告書は以下です。どうぞご一読ください!
第15回研究会講義録