ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

カテゴリー:From MPJ Office

Deliver Psychosocial Support to South Sudanese Refugees!

クラウドファンディング冒頭の画像(英語)

 

 

MPJ would like to deliver psychosocial support to South Sudanese refugees in Northern Uganda starting from April 2018.

We are now collecting donations for the new program!

 

<Psychosocial support is highly needed>

Since August 2017, MPJ has been working on building shelters and latrines in the refugee settlements in Northern Uganda. Through our work in the refugee settlements, we have seen many refugees suffered from trauma due to the armed conflict back in South Sudan.

 

A boy experiences visual hallucinations, of the three murderers who killed his father approaching toward him. Another boy suffers from auditory hallucination which commands him to act in certain ways. A widow who failed to afford an appendix surgery ended up committing suicide.

 

Although food and water are crucial for refugees, mental health care is also highly and urgently needed since refugees are highly stressed from extreme poverty, loss of their family as well as all the property in South Sudan. Some refugees even feel hopeless about life.

 

This is the reason why MPJ decided to conduct the psychosocial intervention for South Sudanese refugees.

 

<MPJ’s psychosocial support program>

We will provide psychosocial sessions to children at elementary school with the aim of helping them to process their traumas and relieve their stress, which ultimately can prevent PTSD (Post Traumatic Stress Disorder).

 

The program also includes holding psychosocial seminars for teachers and refugee communities consisted mostly by women.

 

To enhance the program, Dr. Norihiko Kuwayama, a Japanese experienced psychiatrist/ psychotherapist, will join us as a supervisor.

 

<How donations will be used?>

MPJ will apply for the funds of approximately 9,000,000 JPY (about 82,000 USD) to start up this program. Yet, we still need another 1,000,000 JPY.

The donations will be used for

・Personnel cost for local expertized staffs (200,000 JPY)

・Travel expenses of the supervisor (250,000JPY)

・Rented car to move to refugee settlements (300,000 JPY)

・Equipment for workshops (50,000 JPY)

・Sending project reports to donners ( 30,000 JPY)

・Commission for administration of crowdfunding  (170,000 JPY)

 

<How to donate>

You can donate to the MPJ’s mental health care program by credit card.

1. Click below URL.

http://millenniumpromise.jp/action/donation

 

2. Scroll to the “Credit Card Payment Online” and enter the amount of donation in the blank below “Donate”.

The amount shall be

・3,000 JPY (almost 27 USD),

・5,000 JPY (almost 45 USD),

・10,000 JPY (almost 90 USD),

・30,000 JPY (almost 272USD),

・50,000 JPY (almost 455 USD),

・or 100,000 JPY (almost 910 USD).

 

3. Click “Send”

 

4. You will move to “PAYMENT” page and enter the necessary information in the blanks. Please write “South Sudan” in the NOTE section of the page.

 

5. You will receive the confirmation email.

 

* Should you have any inquiry regarding this donation, please write an email to mpjapan@drive.ocn.ne.jp

南スーダン難民へ心のケアを届けるため、クラウドファンディングを開始します!

クラウドファンディング冒頭の画像

 

これまでもお伝えしている通り、MPJでは2017年8月より、ウガンダ北部にて南スーダン難民支援を実施しております。

現在はピースウィンズ・ジャパンとの協働事業として住居やトイレの建設に貢献しておりますが、紛争による暴力を経験し、心が弱っている難民の方々に、早急に心のケアを届けたいと考えています。

 

この度、この心のケア(心理社会的支援)事業を開始するために必要な資金のうち50万円をクラウドファンディングで募集いたします!

 

クラウドファンディングは、日本最大のファンドレイジングサービス・Ready forサイトで実施しています。

https://readyfor.jp/projects/refugee-mental-health-mpj

 

上記サイトでは直接、簡単にご寄付いただけるほか、ご寄付の使いみち等の詳細や、実際に難民の人々がどのようなトラウマや症状を抱えているのか、ウガンダ駐在員からの情報も盛り込まれておりますので、ぜひご一読いただきますようお願いします。

 

 

【郵便振替、銀行振り込み、MPJウェブサイトからのクレジットカード支払いでクラウドファンディングにご協力頂ける場合】

支援金額を3千円、5千円、1万円、3万円、5万円、10万円のいずれかよりお選びいただき、通信欄や備考欄への記載、メールでのご連絡で、ご寄付は「南スーダン難民心のケア事業」向けであることをお知らせいただければと存じます。

 

南スーダン難民の人々が笑顔で毎日を過ごし、自立の道を歩み出せるように、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!

11/28開催・SDGsフォーラム-ジェフリー・サックス氏と語るSDGs- ご案内

 

11月28日(火)、MPJは朝日新聞社と共催で、MPJ設立に深く関わっていただいたジェフリー・サックス氏をお招きしてシンポジウムを開催します。

 

ジェフリー・サックス氏

ジェフリー・サックス氏

 

ジェフリー・サックス氏は国連事務総長の特別顧問などを歴任し、途上国支援のためのミレニアム開発目標(MDGs)、それを引き継いだ持続可能な開発目標(SDGs)の策定にも関わられました。

今回、サックス氏による講演、国谷裕子氏とのトークセッション、パネルディスカッションを通じ、SDGs策定の背景と意義、日本の果たす役割などについて多角的に探ります。

 

奮ってご参加ください!

 

MPJ10周年・朝日SDGsフォーラム ~ジェフリー・サックス氏と語るSDGs~

 

日時:2017年11月28日(火)17:50~20:10

 

会場:有楽町朝日ホール (東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F)

 

主催:

特定非営利活動法人ミレニアム・プロミス・ジャパン

朝日新聞社

 

登壇者:

ジェフリー・サックス氏 (コロンビア大学地球研究所持続可能な開発センター長)

国谷 裕子 氏 (キャスター)

田淵 正朗 氏 (住友商事代表取締役専務執行役員)

ほか

 

申込み専用サイト: https://que.digital.asahi.com/epost/10000379 (朝日イーポスト)

 

お問い合わせ先:

ミレニアム・プロミス・ジャパン事務局 TEL: 03-5842-2801 または

朝日SDGsフォーラム運営事務局 TEL: 03-6256-0409

 

11月22日開催 シンポジウムのご案内

特定非営利活動法人ゼリ・ジャパン主催、サラヤ㈱共催で、サスティナブル社会への道筋を参加者の方々とともに共有するシンポジウムが開催されます。

サラヤ株式会社の更家悠介社長は日ごろからMPJの活動にご理解・ご協力下さり、MPJ研究会でもご講演いただき大好評でした。

 

ぜひご参加ください!

 

【ゼリ・ジャパン ブルーエコノミーシンポジウム】

 “ブルーエコノミー思想からのサスティナブル社会の実現”

 

日時: 平成29年11月22日(水)12:45受付開始、13:30開始~17:30終了

場所: 国連大学 3 階 ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70)

主催: 特定非営利活動法人 ゼリ・ジャパン

共催: サラヤ株式会社

詳細URL: http://www.zeri.jp/upload/20170922_infomation.pdf

 

総合司会: 一般社団法人エシカル協会  代表理事 末吉 里花

登壇者:

特定非営利活動法人 ゼリ・ジャパン 理事長  更家 悠介

ゼリ創設者 グンター・パウリ

東京大学名誉教授  山本 良一

京都造形芸術大学 教授 竹村 真一

ヴェルサイユ大学 教授  スアット・トップス

ボナヴェルデ社 CEO  ハンス・スティアー

スウェーデン ナティ社 CEO  マーリーン・サンドベルグ

アデレード大学 教授  カールソン・ハーグロヴェス

 

概要:

世界の最新のサスティナブル事業に取組む経営者や、ゼロエミッションの未来のビジョンに取組む研究者を講師に迎え、ブルーエコノミーが構想するサスティナブル社会への道筋を、参加者の方々とともに、前向きに熱く共有いたします。

 

招待お申込方法:

電子メール、申込み専用サイトにてお申し込みくださいませ。電子メールの場合は「件名」、         申込み専用サイトの場合は「何でお知りになりましたか」の欄に「招待参加」とご記載下さいますようお手数でございますがよろしくお願いいたします。

 

申込み専用サイト: http://www.zeri.jp/ivent/index02.html

 

電子メール: info@zeri.jp

 

お問い合わせ先: ゼリ・ジャパン事務局  TEL: 03-6863-8170

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)行動指針について

去る6月15日に開催された第26回MPJ理事会にて、MPJの行動指針が新たに策定されました。

 

MPJではこれまでも職員一人ひとりが団体の理念に基づき、事業運営に従事し支援活動を実施してきました。
今回、改めてその指針を明文化することで、団体の理念を皆様にもご理解いただき、組織の一体化を強化し活動に邁進できると考えました。

 

新たに策定されました、MPJの行動指針は下記の通りです。

 

*****************************************************************************
MPJ行動指針

 

1. 共感共苦と自立へのサポート
- 相手の気持ちとニーズに沿った支援を行い、開発途上国の人々の自活・自立への道を切り開く

 

2. 対等なパートナーシップ
- 互いの価値観や文化を尊重しつつ自由な意見・情報交換を行う

 

3. 市民社会への発信と、次世代の育成
- 広く学びの場を提供し、国際協力の次世代を育成する

 

4. 機動性と成果指向
- 時代や現状にあわせて常に目標を見直す姿勢を忘れず、その達成に全力をあげる

 

5. 透明な資金管理
- 善意の資金の流れを明瞭に

 

 

*****************************************************************************

 

この行動指針に則り、MPJは今後も貧困削減や持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、活動して参ります。

 

今後とも引き続き、皆様方からの厚いご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

1 / 912345...最後 »