ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

【ご案内】TICADVサイドイベント:アフリカからの学生との交流会

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、来年6月の第五回アフリカ開発会議(TICADV)開催を控え、サイドイベントの一つとしてアフリカ諸国と日本の若者を中心とした相互交流を深めるために、懇親会を企画いたしました。

お時間がございましたら、ぜひご参加ください。

 

 

日時:  2012年11月11日(日)17:00~19:30

場所: 特例社団法人日本外国特派員協会

東京都千代田区有楽町1丁目7番地1 有楽町電気ビル北館20階 会議室

電話 03-3211-3161

※会場地図はコチラをご覧ください。

スピーチ: ①北岡伸一(MPJ会長、国際大学学長、政策研究大学院大学教授、東大名誉教授)

②在日ルワンダ大使 シャルル・ムリガンデ 閣下

※各15分程度(英語)

会費: アフリカ諸国からの留学生、MPJユース、MPJ会員 無料

その他の方      2,000円 (当日会場にて承ります。)

※ソフトドリンク&軽食付き

定員:  50名

お申込み: 11月7日(水)17時までに、お名前、ご所属、ご連絡先を明記の上、

      メールにてMPJ事務局(担当:新島)までお申し込み下さい。

※定員になり次第、締め切らせていただきます。

メール: mpjapan@drive.ocn.ne.jp

※お問合せは、上記E-mail、または電話03-5842-2801までお願い致します。

なお、お申込み後のご欠席は、事務局へご一報下さいますようお願い致します。

アフリカン・ナイトを開催いたしました!

去る10月13日(土)、アフリカ料理店カラバッシュ@浜松町にて、MPJユースの会が「アフリカン・ナイト」を開催いたしました!

おかげさまで、今年は昨年に増して多くの方にご参加いただき、大盛況! ダンスとジャンベ(太鼓)、パフォーマンスの体験、フリートークなど充実したプログラムの中で、おいしいアフリカ料理を楽しむひと時となりました。

とりわけ、パーティのピークに登場したセネガル出身のMamadou Lo氏のジャンベには、参加者の体験参加も含まれ、会場が一体となって盛り上がりました(Mamadou Lo氏のHPはコチラ!)。皆さま、ご協力、ありがとうございました!

MPJ研究会「ウガンダにおける点滴灌漑事業」の報告書が出来上がりました!

ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)では、9月13日(木)に第16回MPJ研究会を開催いたしました。

テーマは「ウガンダにおける点滴灌漑農法の導入」で、MPJ技術顧問の江藤誠一氏にお話しいただきました。江藤氏は、2010年に続いて、2012年5月半ばから8月末までウガンダのミレニアム・ビレッジ、ルヒーラ村に滞在し、小学校建設の仕上げ事業や、今回研究会でお話しした滴灌漑事業を立ち上げてくださいました。

ただ今、現地ではヤマハさまからご寄贈頂いたポンプと点滴灌漑システムを使って、それぞれ環境が違うアフリカ大陸の乾燥地において、どのようにすれば換金農業が成功するのか、来年春まで実験結果を分析いたします。すでに、第一回目の報告が現地から届き、写真を見ながら専門家の方とともに試行錯誤を重ねております。

江藤氏は、2年前の小学校建設時も、太陽光発電システムから簡易トイレまで完璧な設計図を描き、緻密な計画を練って下さいました。さすがに、日本人で初めてというFAOの「セン賞」を授与された方だ、と関係者が感心していました! 今回ももちろんレベルの高い報告をしてくださいました。

 

報告書はこちらからご一読いただけます。第16回研究会 報告書 

 

次回の研究会は11月第4週に予定しております。MPJ副理事長の岩男壽美子(慶応大学名誉教授)が、本人が運営しているタンザニアのアルーシャにおけるマイクロクレジット事業にまつわる秘話をお話しいたします。詳細が決まり次第、HP上等でご案内をさせて頂きます。ご期待ください!

「グローバル・フェスタ2012」に出展いたしました!

先にご案内しましたように、10月6日(土)と7日(日)の2日間にわたり、日比谷公園を会場に開催された「グローバル・フェスタ2012」に出展いたしました!

今年のグローバル・フェスタのテーマは「Think Global, Think Green:世界を変えよう。未来をつくろう。」でした。

2日目は残念ながら雨になってしまいましたが、会場の日比谷公園には約10万人の方が足を運んでくださいました(「グローバル・フェスタ2012」公式HPより)。

 

MPJのブースでは、ユースの会の学生たちやボランティアの方々にも手伝っていただき、訪れてくださった皆さまにMPJの活動をご紹介したほか、活動写真の展示、またウガンダのミレニアム・ビレッジで制作されたアクセサリー等の販売を行いました。日比谷 図書文化館ではユースの会の学生が「国連ミレニアム開発目標(MDGs)」についてのワークショップも行い、大好評でした。今年も多くの方にご来場頂き、ありがとうございました!

 

「アフリカ写真展」(外務省&JICA主催)にMPJの写真が展示されています!

外務省とJICAが主催するアフリカ写真展「成長するアフリカと日本」に、MPJから応募した写真が展示されています!
写真は、MPJユースが今年3月にガーナのAkropongにて、でJICAの教育プロジェクト現場を視察させていただいたときのものです。MPJのボランティアカメラマン宮川政憲氏によって撮影されました。

ユースのメンバーがOkuapemman小学校で休み時間に、子供たちとサッカーをした瞬間をとらえたものです。サッカーを通じてあっという間に心が打ち解け合いました。

 

本写真展はグローバル・フェスタ2012 (10/6&10/7) を皮切りに、ワールド・コラボ・フェスタ@名古屋、沖縄国際協力・交流フェスティバル、ワン・ワールド・フェスティバル@於:大阪等の国際協力フェスティバルにおいて巡回展示を行った後、来年6月のTICADⅤの会場にて開催されます。

「グローバル・フェスタ2012」では、日比谷公園内の日比谷図書文化館4階で展示されます。

東京だけでなく地方でも展示されるので是非みなさまに見ていただきたいと思います!

 

参考:

グローバルフェスタ2012に出展します!

http://millenniumpromise.jp/archives/2632

1 / 11