ミレニアム・プロミス・ジャパン(MPJ)

極度の貧困は根絶できるはずだ
私たちの孫の時代ではなく、
私たちの世代のうちに
極度の貧困は根絶できるはずだ  私たちの孫の時代ではなく、私たちの世代のうちに

(日本語) ウガンダ出張報告(鈴木理事長)

01MPJユースのメンバー12名とボランティアカメラマンがウガンダのルヒーラ村にて2014年3月1日から3日まで2泊、家庭滞在いたしました。私も3月2日の夜、MPJが支援している女児Estherさん(この春、高校卒業)の自宅に、ユースメンバーと一緒に宿泊させていただきました。
Estherさんのご両親は18年前に、部族の紛争によりタンザニアから難民としてウガンダへ逃げてこられたそうです。貧しい人ほど平地から離れた不便で岩の多い場所に住むそうで、彼女の家も富士登山の頂上付近を思い出される険しい坂でした。写真の家に親族の男の子を交えて9名で住んでいます。
家の裏には台所と体を洗う小屋、山羊小屋(6匹)、家の前の斜面にはトイレがあります。もちろん電気はなく、夜になるとケロシンを使ったランタンと懐中電灯を使わなければなりません。外の台所は煉瓦の上に鍋を乗せて薪に火をつけます。日本からは寝袋を用意して出かけましたが、良いベッドを準備してくださって歓迎してくださいました。ただし、そのあとでダニに20か所噛まれていることに気づきました!歓待していただいて、とても有意義で楽しい思い出です。
Estherさん、ご家族の皆さま、ありがとうございました!

【家の裏側にある独立した台所で夕食の準備をしてくださるEstherさんの母親】

【家の裏側にある独立した台所で夕食の準備をしてくださるEstherさんの母親】

【Esther さん、お母さん、MPJユース】

【Esther さん、お母さん、MPJユース】















【斜面に建つトイレ小屋】

【斜面に建つトイレ小屋】

「朝焼け:崖のふちに立つEstherさんの家】

「朝焼け:崖のふちに立つEstherさんの家】












同行したMPJユースも随時レポートを掲載しております。そちらも合わせてご覧ください。
https://www.facebook.com/MPJYouth

(日本語) ウガンダ出張レポート

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) ケニア大使による第22回東大GLS講座スピーチのご紹介です。

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) ガーナだより 9 ボンサソから~

Sorry, this entry is only available in 日本語.

(日本語) ガーナだより 8 ボンサソから~

Sorry, this entry is only available in 日本語.

1 / 11